無料でできるSEO対策「幸子」ことSearch Consoleに聞いてみた

  • 2019年6月10日
  • 2021年2月13日
  • 体験
  • 783view

開始から約3ヶ月、記事数が40を超えたくらいが一番ブログに挫折しやすいと言われています。特に月間1000PVにすら到達していない場合はかなりくじけそうです。

PV数が伸びない原因をSearch Console(サチコ・幸子)で知りたい

記事は毎日書いているのにPV数が伸びていかない、というときはGoogle Search Console、通称・幸子(サチコ)で原因を探ってみるのが一番と言われています。

もしかしてGoogleにインデックス(検索で表示されるようになること)されてないかも?と思い、調べてみました。

幸子・サチコことSearch Consoleでカバレッジを確認する

幸子・サチコことSearch Consoleにログインできたら左サイドバーのカバレッジをクリックし、エラーなどが出てないかチェックします。

カバレッジとは「サイト全体のカバーしている範囲」という意味で、ここではGoogleの検索エンジンロボットがサイトを調べた結果が表示されます。

エラーや警告はでていないようですが、除外が196となってます。これはいったいなんでしょうか?

除外の詳細を見ると、「noindexタグによって除外されました」76、「クロール済み-インデックス未登録」が58あります。

noindexタグがついているのは検索結果や、カテゴリごとの画面なので問題ないとして、気になるのは「クロール済み-インデックス未登録」のほうです。

「クロール済み-インデックス未登録」の詳細を見るとほとんど画像のURLでした。なので問題はなさそうですが、〇〇になりたい!と思う前に考えるべき職業適性3つの記事が唯一インデックスされていないようでした。

こういう場合は記事の品質に問題がある、とGoogleのガイドラインに書いてあるので、記事をリライトする必要があるでしょう。

Search Console(幸子・サチコ)で検索パフォーマンスを確認

こんどは検索パフォーマンスで実際にどんなキーワードで検索されているのかを見てみます。

表示回数がGoogle検索の検索結果に表示された数字で、クリック数が検索結果からクリックしてページへジャンプして来た回数です。

しかし、上位の表示回数やクリック数が「ダイエット」と「gt899」というデスクチェアですので、このサイトのメインテーマである就職・転職・起業・独立・副業といったワードでは全然流入してきていないことがわかります。

Search Console(幸子・サチコ)から導き出されるSEO対策

つまり現在のサイトはSearch Console(幸子・サチコ)で分析した結果、検索結果と表示される記事がミスマッチである、といえそうです。こういう場合考えられるSEO対策として考えられる対処方法は2つです。

  • 検索されているキーワードの記事を集中的に増やす
  • サイトのテーマと重なるキーワードの記事を増やす

そもそもの表示回数も少ないのでキーワード選定も重要かもしれませんね。

また、今のところほとんどGoogle検索からの流入がないということですので、検索数の多いキーワードと、その中で競争率の低いキーワードを狙っていいき、SEO対策を充実させていく必要があります。

最新情報をチェックしよう!