就職活動で絶対やらないほうがいいたった1つのダメなやり方

教授の推薦状を持っていっても内定をもらえなかったゆすやんです。


6月に入り就職活動のシーズンがやってきました。リクルートスーツに身を包み、暑い中街中を歩き回っている姿を今年も多く見かけることになるのでしょう。

一部では日本の就職活動は没個性だの一括採用はやめるべきなどと批判もあります。しかし大学生の就職活動というのは受験勉強して大学まで行き、卒業まで漕ぎ着けることができた人(できる予定の人)へのサービスタイムでもあります。ぜひ頑張っていただきたいところです。

就職氷河期時代は6月の時点で就職活動は終了していた

今から約20年前の就職氷河期と呼ばれた時代も2月ころから就職セミナーが開催されあちこちのセミナーや説明会に参加し、6月ごろから本格的な採用面接が行われていました。

しかしそのころの世の中は大手銀行や証券会社がバタバタ潰れ超がつく不景気。それに加えてもともと団塊ジュニア世代で若者人口もかなり多い年代でもあり、輪をかけて競争率が上がっていました。

表向きには6月から就職活動開始でしたが、多くの企業がそれより早めに有名大学の人間や成績優秀者の確保に走っており、6月の時点でほぼ内々定が決まっていたようです。

そして6月を過ぎて採用されるのは「補欠の人員」ということでかなり採用枠が狭くなっていたのです。つまり6月までに就職が決まっていなかった人はかなり絶望的な状況でした。

当時大学生だった私ゆすやんも途中でそれに気づいたものの時すでに遅し、希望するメーカーの採用試験を20社ほど受けましたが、全て落ちました。

就職活動で不利に陥りやすい思考とは?

就職活動をはじめるときに友達などとよく話していたことが「いろんな企業や業種を回ってから決めたい」ということでした。今思えばこれが完全な間違いでした。

「いろんなところを回ってから決めたい」という考え方は、はっきりいって「買い物」をするときの思考です。たしかに自分がお金を払って商品を買う際はこの思考でかまわないでしょう。

しかし「就職面接」は「買い物」とは全く逆のベクトルの思考で臨まないといけません。就職面接というのは会社の人に審査してもらういわばコンテストのようなものです。ようは美人コンテストやボディビルのコンテストと一緒なのです。

品定めして(労働力という)商品を買うのはあなたではなく、会社側なのです。

あなたは興味のあるところに「社会科見学」に行くわけではないのです。いわゆる「学生気分」は完全に捨てないといけません。あなたは自分にとって有利な「勝てるコンテスト」に応募しないといけないのです。

多くの学生にとって競走馬の選別のごとく人に品定めされるのは初めての体験なので、案外この事実に気づかないまま就職活動に突入してしまいます。しかしこの当たり前といえば当たり前のことに気づくかどうかが就職活動成功の第一歩です。

就職活動で絶対に採ってはいけない戦略とは?

選ぶ側ではなく選ばれる側、というふうに意識が変われば絶対にやってはいけない戦略がみえてくることでしょう。そう、「いろんな業種・職種を回る」です。これだけはやってはいけません。

できれば会社説明会に参加申し込みする前からネットなどで情報収拾したり、職業適性試験などを受けるなどして業種と職種を絞るべきです。会社のネームバリューなんかは度外視して業種と職種を絞ることを徹底してください。

業種と職種を絞って就職活動することは実はかなりのメリットをあなたにもたらします。例えばあなたがバイクが好きでバイクの部品メーカーに対して集中的に就職活動をしたとします。そしてA社、B社、C社の三社を回ったとします。そうすると面白い現象が起こるはずです。A社の面接で聞かれた質問がB社でもC社でも聞かれます。また、A社で聞いた業界の裏話をC社でも聞くことになったりもします。

そう、業種・職種が同じであればほぼまったく同じように面接や試験などが展開していくのです。

就職活動と営業活動はよく似ている

私ゆすやんは結局大卒後、証券会社の営業職に就職したのですが、営業の現場でわかったことが「業界や職種が同じなら人は同じ考え方をする」ということでした。

私のお客さんになってくれた人は学校の先生や大学の教授、企業で教育係をしている人、あるいは会社の相談役などが多かったのですが、その人たちは年齢も住んでいる地域もバラバラですが、ほとんど似たような話、似たような反応をしました。

「人に何かを教える立場」という共通項があったためか、ものの考え方や感じ方、あるいは喋り方まで似てくるのです。「人は一人一人性格が違う」とよく言われますが、実際は業種・職種が一緒だと性格や思考が似てくる、というのが真実だと思いました。

これは就職活動でも同じことで、企業の採用担当者や会社の部長など性格も年齢もバラバラだと思いますが、業種と職種が同じならほぼ同じことを言い、同じ反応をしてきます。つまり、2回目以降から面接や試験の傾向が予測できるようになるのです。

つまり2社目以降からはある意味テストでカンニングをしているのと一緒の状態ですから、対策も立てやすいはずです。

また本命の会社がはっきり決まっている場合は、その会社の試験を受ける前にかならず似たような業種・職種の会社を受けておきたいところです。

リハーサルのつもりで受けておいて本命でトチらないように練習するつもりで挑めば良いと思います。(会社側からしたらたまらないでしょうが、それが競争原理というものですので気にしなくても良いと思います)

競争率が落ちても根本は同じ

現在は少子化で就職活動の競争率はそこまで厳しくないのかもしれませんが、それでも人気の企業、競争倍率の高い企業というのは一定数存在するかと思います。そういう企業に就職したいと思うのであればやはりそれなりの戦略が必要になってきます。

なかには「どこでもいいけどブラック企業だけには入りたくない」と考えている人もいるでしょうが、この思考もまた「買い物」の思考です。「なんでもいいけど粗悪な商品だけはつかまされたくない」と考えているわけですからね。

しかし企業側も同じように考えていることを忘れないでください。

若ければ誰でもいいけど、変なヤツだけは採用したくない
最新情報をチェックしよう!