クラウドファンディング・CAMP FIRE炎上案件をまとめてみた(上)

シリアルアントプレナー・家入一真の起業したクラウドファンディングサービス・CAMP FIREで炎上した案件を見ていきたいと思います。

CAMP FIRE炎上①スラム街の暮らしを肌で感じたい

2018年にクラウドファンディングサービス「CAMP FIRE」で近畿大学の学生が「夏フィリピンのスラム街へ行き、貧困に喘ぐ子供たちに夢を与える」という企画をアップしました。

目標金額25万円のうち旅費21万円、雑費4万円という企画でしたが、企画が知れ渡るにつれ「スラム街の子供たちを見下している」「自分たちの就職活動のための話題作り」といった批判が相次ぎ、約16万円近く集まっていた支援金は返還されることになりました。

支援金の使い道がフィリピンのスラム街の子供を支援するのではなく、自分たちの旅費に使われる、という点に疑問を持った人も多かったようです。

CAMP FIRE炎上②あなたの夢と世界中の子どもの夢をつなげたい

京都橘大学の女子大生がクラウドファンディングCAMP FIREで炎上したのは「あなたの夢と世界中の子どもの夢をつなげたい」という企画でした。

この企画は子供にスケッチブックの裏に夢を書いてもらい、それを違う国の子供へとリレーしながら世界を一周していく、という内容でしたが、問題となったのは支援金の使い途でした。

必要な資金は160万円で、そのうち80万円をクラウドファンディングで集めようとしていたようですが、その内訳が旅費だけでなく生活費や高額なカメラなどの購入資金などにも当てられていました。

そのため「子供をダシにして旅行したいだけ」「支援したお金を貧困で困っている子供に渡してあげたほうがいい」といった批判が相次ぎ、ほとんど支援金が集まらず企画は失敗となりました。

CAMP FIRE炎上③真木よう子、フォトマガジン出版プロジェクト

女優としてドラマなどに多数出演している真木よう子がCAMP FIREを利用して支援金を集め「コミックマーケット93」に出展するフォトマガジンの制作費にあてるという企画が発表されました。

人気女優ということもあり、600万円を超える支援金が集まり、大変な注目が集まりました。しかし、その後コミケのファンなどから「有名人によるコミケ荒らしではないか?」という批判が相次ぎました。

さらには、真贋定かではないものの真木よう子のものとされるTwitterでのDMがネット上で出回り「CAMP FIREが当初出してきた目標金額三千万」といった情報が拡散されました。

写真集の制作に3000万円もの経費が投入されることは通常ないため、このDM流出により「真木よう子を使って大儲けしよう」という関係者の意図が見えてきてなお炎上が広がる事態となりました。

そして真木よう子はCAMP FIRE上で以下の謝罪文を掲載し、支援金の募集を停止、支援金を返還することとなりました。

このTwitterにいる方々に救われているし無償の愛。応援を沢山、沢山貰いました。
だから。皆様に会いたい、会って笑顔で御礼を申し上げたい。
その気持ちが大きくなり過ぎ、
その場所をコミックマーケットに選んでしまったのです。
これが、大きな間違いで、
コミックマーケットを愛する皆様からお叱りを受ける事は当たり前でした。
ファンイベントか、別の場所で出来ないのですか?
と、言われます。
しかし、女優という職業は、事務所の方針もあり、ファンクラブを自ら作る事は出来ず、故にファンイベントの様な催しは出来ないのでした。
なので、コミックマーケットでお会い出来たらと思ってしまいました。
しかし、そもそも主旨が違うし
コミックマーケットでやるべきではないと指摘されるのは当たり前でした。
そもそも、コミケも、クラウドファンディングも知らず、そこから生まれる批判を予測できなかった
全ては、全ての事に対し、無知な私の責任です。

https://camp-fire.jp/projects/40020/activities/36110 ワタクシの気持ちを皆様に

真木よう子自身はTwitter上で交流していたファンと出版社や事務所の仲介なしに交流したいという思いから企画をスタートさせたようです。

しかし実際には周囲からの誘導があったのではないか?とも言われており、真木よう子の芸能活動に汚点を付けるような炎上事件となってしまいました。

クラウドファンディング・CAMP FIREは炎上案件多数で要注意

クラウドファンディング・CAMP FIREは、社会に貢献する素晴らしい企画や新しい製品開発などにつながる企画などがあり、非常に有益なネットサービスといえるでしょう。

しかしその一方で、詐欺行為や「乞食」と呼ばれる自分本位の企画も目立ち、優秀な企画が埋もれてしまっているのも現実です。

現状、あまりにもひどい企画はCAMP FIRE運営側が取り締まることもあるようですが、すべてを監視するのは難しいようです。

明日も引き続き、CAMP FIREの炎上案件を見ていきます。

最新情報をチェックしよう!