稀代の天才編集者・箕輪厚介の仕事とセクハラ炎上の全貌

カリスマ編集者として最近有名な箕輪厚介の仕事ぶりをみていきたいと思います。また箕輪厚介が起こしたセクハラ炎上事件とはいったいなんだったのか?も詳しくみていきます。

箕輪厚介のプロフィール

  • 本名:箕輪厚介
  • 愛称:特になし
  • 生年月日:1985年8月28日
  • 年齢:35歳(2020年11月現在)
  • 身長:不明
  • 出身:東京都
  • 学歴:早稲田大学第一文学部卒業
  • 職業:編集者・実業家
  • 家族: ミカ(妻)、長男、次男

箕輪厚介の経歴

箕輪厚介は早稲田大学第一文学部卒業後、2010年に双葉社に入社、ファッション雑誌の広告営業として働いていました。

2013年に与沢翼を責任編集長とした「ネオヒルズジャパン」を創刊、Amazonの総合ランキングで1位を獲得するなど、編集の世界で一躍注目を集めるようになりました。

その後、双葉社から幻冬社に移り次々と話題の本を出していくかたわら、NewsPicks Bookを創刊したり、オンラインサロン「箕輪編集室」を運営したりと、経営者としても次第に活躍するようになります。

箕輪厚介の仕事は?

箕輪厚介の仕事は編集者ですが、本を作るだけでなくいろいろな仕事をしているようです。

ここでは箕輪厚介の仕事をみていきましょう。

箕輪厚介の関わった出版物

箕輪厚介は編集者として数々の有名人やインフルエンサーの本を出版しています。

「ネオヒルズジャパン」与沢翼

【中古】ムックその他 ≪ビジネス≫ ネオヒルズ・ジャパン 与沢翼責任編集長

価格:550円
(2020/11/6 04:35時点)
感想(0件)

「逆転の仕事論」堀江貴文

【中古】 逆転の仕事論 あえて、レールから外れる。 / 堀江 貴文 / 双葉社 [単行本(ソフトカバー)]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:328円
(2020/11/6 04:36時点)
感想(0件)

「まだ東京で消耗してるの?」イケダハヤト

【中古】まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく / イケダハヤト

価格:430円
(2020/11/6 04:37時点)
感想(0件)

「新企画」鈴木おさむ

新企画 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます/鈴木おさむ【1000円以上送料無料】

価格:1,430円
(2020/11/6 04:38時点)
感想(0件)

「多動力」堀江貴文

【中古】【全品10倍!11/5限定】多動力 / 堀江貴文

価格:330円
(2020/11/6 04:39時点)
感想(0件)

また、2018年8月に箕輪厚介は自著「死ぬこと以外かすり傷」を出版し13万部を突破するヒットとなっています

死ぬこと以外かすり傷 [ 箕輪厚介 ]

価格:1,540円
(2020/11/6 04:43時点)
感想(10件)

箕輪厚介のオンラインサロン

箕輪厚介は編集者としての仕事の傍「箕輪編集室」というオンラインサロンを運営しています。2020年現在会員数は1200名前後いるようです。

内容としては

  • Facebookグループでの交流
  • イベントでの交流
  • クリエイティブ制作

となっており、他のオンラインサロンに比べるとやや制作やイベント企画などを重視しているオンラインサロンとなっているようです。

箕輪厚介のコンサルタント

箕輪厚介は「合同会社波の上商店」を設立してコンサルタントとしての仕事もしています。

コンサルタント内容としては

  • 御社の会議参加(月に1回)
  • Facebookグループでのコンサル(いつでも相談可能)
  • 契約期間3ヶ月間

となっており、主に商品やサービスの宣伝に関するコンサルのようです。

過去には正田圭が代表を務めていたTIGARA株式会社(現在は社名変更)などもコンサルしており、やはりインフルエンサーと言われるような人物との交流は深いようです。

箕輪厚介と交流のある人物は?

箕輪厚介は主に有名な人物と組んで本を作ることが多く、インフルエンサーと呼ばれるような有名人との交流も深いようです。

交流①堀江貴文

箕輪厚介は双葉社時代に堀江貴文の「逆転の仕事論」という本を出した際からの付き合いで、その後も堀江貴文の本をいくつか出版しています。

堀江貴文はツイッターで「箕輪くんはここ2年で大変身した」と述べており、箕輪厚介への信頼は厚いようです。

交流②西野亮廣

箕輪厚介はお笑い芸人キングコング・西野亮廣とも交流が深く、AbemaTVで対談したり、堀江貴文の忘年会に一緒に参加したりするなど、公私ともに仲の良い様子が伺えます。

交流③与沢翼

与沢翼は箕輪厚介にとって原点のような存在で、まだ広告部にいたころの箕輪厚介は「ネオ・ヒルズジャパン」という雑誌によって編集者としての才能を開花させました。

箕輪厚介は当時を振り返ると与沢翼の熱狂的な信者だったとブログで語っており、与沢翼が海外に移住した今も尊敬する人物の一人のようです。

交流④イケダハヤト

イケハヤことイケダハヤトの代表的な著書「まだ東京で消耗してるの?」も箕輪厚介が手掛けた本になります。

箕輪厚介は対談イベントで「担当した著者は永遠に好き」とコメントしており、イケハヤが炎上しようとなにをしようと関係ないとまで言っています。

交流⑤家入一真

箕輪厚介はシリアル・アントレプレナーとして活躍している家入一真とも交流があります。

また、家入一真が代表を務めるクラウドファンディングサイト「CAMP FIRE」の「CAMPFIRE Comunity」チェアマンに箕輪厚介は就任しています。

箕輪厚介はその人柄で様々な有名インフルエンサーと親交を深めているようです。

箕輪厚介は結婚している?子供は?

箕輪厚介は25歳の時に結婚し、子供をもうけています。奥さんはハーフで、なんとCAだったということです。

奥さんとはインドに旅行したときに現地で出会ったそうで、箕輪厚介もTwitterで「絶世の美人CA」と自慢しています。

箕輪厚介がセクハラで炎上?

箕輪厚介は2020年8月、文春オンラインのニュースでライターの女性にセクハラを行ったと報じられました。

箕輪厚介からセクハラを受けたと訴えるライターの女性は、箕輪厚介を担当編集としてエイベックス松浦CEOに関する本を作るはずでした。

しかしその後10万字にものぼる原稿が「求める品質に達していない」との出版社の判断で出版されず、しかも原稿料も払われませんでした。

あげく箕輪厚介から「絶対変なことしない」「でもキスしたい」などとSNSでしつこくメッセージを送られるなどされたため、女性ライターはセクハラを受けたと告発しました。

「文春砲」をうけた箕輪厚介は本の出版停止とともに、オンラインサロンの会員数を大幅に減らすなどのダメージを受けました。

箕輪厚介はその後、Twitterで「(ハニー)トラップ」と自分には非がないことをほのめかすツイートをしたり、またオンラインサロン会員向けのライブで「何がセクハラだよボケ」などと発言するなど、全く反省はしていないようです。

箕輪厚介は次々と「売れる本」を作る天才編集者だがセクハラ炎上も

箕輪厚介は稀代のカリスマ編集者と言われる反面、セクハラなど問題行動も起こしている人物です。

よく世間で言われるような「飛び抜けて優秀な英雄にはよく起きること」として果たして済ませた方がよいのでしょうか?

また堀江貴文の本はほとんど箕輪厚介が書いているなどの話もあります。箕輪厚介のやり方として話題の人物を捕まえては同じような内容のビジネス本を粗製濫造しているだけとも見えます。

今後の箕輪厚介が編集者としてさらに価値のある本を生み出していくのか、それとも単なるヒット演出家となっていくのか、注目したいと思います。

最新情報をチェックしよう!