なぜアニメ業界はブラック化するのか徹底検証してみた【前編】

アニメ業界に就職したかったけど、あまりに稼げなさそうなので漫画アシスタントになってもっと稼げなかったゆすやんです。

アニメ業界は2010年代に突入し、一気に急成長してきています。「アニメ産業レポート2018」では2017年にアニメ産業市場規模は2兆円を突破し、8年連続で市場規模が拡大していることがわかりました。

参照:産業統計の調査・発表 | 日本動画協会

その一方でネット上ではアニメ業界のブラックな面が取り沙汰されており、業界内部の深刻な状況が露呈してきています。今回はアニメ業界がブラック化している理由を何回かに分けて調査していきます。

アニメーターは出来高制で労働単価が安い

アニメ業界がブラック化している理由の一つとして言われているのが、作画スタッフ達の賃金が安いということです。

あるアニメスタジオでは動画1枚200円という単価に設定されていますが、動画を一枚仕上げるのに20分かかったとすると、1時間で3枚×200円で時給は600円ということになります。

この時点ですでに最低時給のラインをすでに下回っており、月5万円〜10万円稼げればいい方、ということになります。コンビニやファーストフード店などの時給のほうが圧倒的によいわけです。

しかも、新人のうちは動画を一枚20分で仕上げるのはかなり難しく、そうなるとさらに時給は200円〜400円くらいとなり、さらに給与が低くなります。

もちろん動画ではなく原画と呼ばれるメインの絵を描く仕事になればいくらかはマシになりますが、それでもせいぜい大〜中企業の大卒新人の初任給と同じくらいの月給になります。

アニメーターの労働単価が上げづらい理由

そんなに待遇が悪いなら、経営者側が頑張って単価をあげてあげればいいじゃないか?と思う人も多いかと思います。しかし、単価をあげるというのは経営者側にとってもかなりハイリスクになります。

たとえば30分アニメを作る場合、原画は300カット前後、動画は35004000枚くらいが作成されます。

仮に動画一枚200円、原画一カット4000円の設定とすると単純計算で、

原画 一カット4000円×300カット=120万円

動画 一枚200円×4000枚=80万円

となり合計で200万円必要となります。

1話作るのに最低で200万円の作画費がかかるわけです。もちろん作画費用以外にも彩色や動画撮影などの費用がかかりますが、単純にはこんな計算になります。

もし単価を動画一枚400円、原画一枚8000円に上げたとすると、制作費400万円となり、200万円の制作費UPになります。つまり1話分まるまる制作費が上昇します。

単価を上昇させることはそのまま全体の制作費の純粋な上昇につながります。これが労働集約型と呼ばれる産業の本質です。

しかし、制作費を倍にすればアニメのクオリティが2倍上がるとはいえず、また1話あたりの制作費によってスポンサーの投資額が変わったり、DVDの売上が変わるわけでもありません。

アニメーターが時給制に移行できない理由

では出来高制がブラック化する原因で良くないのであれば、他の業界の企業と同じように時給制や固定給での雇用に変えればいいのでは?という疑問は当然浮かびます。

たとえばこれが時給制で時給1,000円、1時間3枚動画を書く人で1日8時間書いてもらうとすると、平日5日で120枚動画が生産されます。30人雇ったとすると1週間で3600枚生産され1話分が制作できます。

動画 時給1000円×8時間(1日平均24枚)×5日間×30人=120万円

原画 時給1200円×8時間(1日平均5カット)×5日間×60人=288万円

そうすると動画は1週間で1.5倍の制作費アップ、原画の費用は約2倍に跳ね上がっています。

しかし単価を倍にするよりは制作費用を抑えることができるので、売上に対するコストパフォーマンスは一見するとこちらのほうがよさそうです。

しかしアニメ制作会社のほとんどは未だに出来高制でアニメーターに支払っております。

その理由として

  1. 不公平感が生まれる→単位時間あたりたくさんの枚数が書ける人に不公平感が生まれる、優秀な人ほど損をする
  2. 一枚ずつの絵の密度や難易度が全然違う→1枚仕上げる自体の時間がかかる=能力が低いとは言えない(一枚の絵の中に複数のキャラが登場する、キャラの服やアクセサリーが細かく動く、など時間がかかるカットや絵が存在する)
  3. 作業能力の低い人の技術向上のモチベーションアップにつながらない

という点が挙げられます。やはりどうしても絵を描くという作業は能力にばらつきが出ますし、一枚一枚の絵の密度もバラバラです。

コンビニのアルバイトのようにマニュアルが定められていて、誰がやっても同じように作業ができるものではありません。

したがって拘束時間を賃金計算の基礎にすることはなかなか難しい側面があります。

アニメーション産業は労働集約型産業

結局のところアニメーション制作というのはたくさんの人が長時間働かないと成立しない労働集約型産業でありながら、生産した分だけ売れるということはなく、スポンサーが支払う予算は先に決まっています。

また、「絵を大量に描く」という作業において、初心者と熟練者の能力差が極端に大きいということが問題の根底にあります。

次回は経営側の視点から検証していきたいと思います。

最新情報をチェックしよう!