クリエイティブな仕事に就くには??

クリエイティブ=自由?

私ゆすやんはグラフィックデザインやったり、WEBサイト作ったり、動画編集したり、3Dデータ作ったり、漫画描いたり、イラスト描いたり、商品写真撮ったり、幅広いジャンルで得体の知れない仕事をしているため、他人からこの手の質問をうけることが多いです。

ただ実際のところ、私がやっているレベルはただの「下請け作業」なので「クリエイティブ」とは実は程遠い。にも関わらず聞かれるということは、デザイナーとかクリエイターとかフリーランサーとか、はたまた漫画家とかイラストレーターとかフォトグラファーが「ラク」で「自由」で「楽しい」職業のように思われているんだと思います。

たしかに自由。仕事がなくて飢え死ぬのも自由だし、仕事に押しつぶされて死ぬのも自由。でもこれって自分の仕事を「定義できない」だけで「自由」とは違うんじゃないかと思います。

「フリーランスに自由はない」という常識

よく言われるのは「フリーランスは不自由である」ということ。

経済的基盤がしっかりしてないうちは、ほんとに「金」に縛られることになります。たいして稼げない仕事でも必死に取り組んで実績を残さないといけないので。

思うに、ほんとにクリエイティブなのは「仕事を生み出す仕事」をしている人のように思います。会社の役職でいえば、営業ですね。

人脈を築き、まだ開拓されていないマーケットに飛び込み、何もないところから「労働」を「お金」に変えるシステムを構築する。これ以上にクリエイティブな仕事ってない。デザイナーだの、クリエイターだのって人たちは、その人が作り上げたシステムのもとで働くただの奴隷なんですよ?

クリエィティブな仕事に就くためには

でもここまで言ってもまだ信じてもらえないことは多々ある。なんかカフェでMac適当に叩いて、スカイプで全部会議済ませて、空き時間は海でサーフィンやって、みたいな生活している人がクリエイターだという誤認識。自由な時間に出勤して、自由な服装で、超ラクな仕事という誤解。

・・・服装が自由なのは、着替えるヒマがないからだよ。

重たい処理の作業をうっかりやってしまってMacを叩きつけることはあっても、カフェで軽快にオシャレにMacを叩くことなんか・・・ない。

でも、まだ信じてもらえない。

では答えましょう。

クリエィティブな仕事に就くには??

そんな質問をしない人だけが就けます。

そんな愚にもつかない質問をしてる間に、他のクリエイターはデザインのポートフォリオ作ったり、スキルの向上を図ったり、なにがしかのプロダクトを作って人に見せて感想を聞いて修正して・・・を繰り返しています。


というかですね、どんなクリエイターも、就職してから技術を身につけてるんじゃなくて、すでに能力がある人に向こうから勝手に仕事をオファーしてくるだけ。だから「仕事に就く」より「なんか作る」ほうが先。ふぅ。

最新情報をチェックしよう!