クラウドファンディングで話題のミヤハヤ画伯について調べてみた①

クラウドファンディングCAMP FIREで自身の活動資金を集め話題になっているミヤハヤ画伯について詳しく調べていきます。

ミヤハヤのプロフィール

  • 名前:宮森 勇人
  • 生年月日:1986年生まれ
  • 出身:石川県
  • 学歴:龍谷大学卒業
  • 職業:画家

ミヤハヤの活動経歴

ミヤハヤは大学卒業後、スーパーでアルバイトをしてお金を貯め服飾の専門学校に通い、ファッション業界での就職を目指します。

しかし、その後専門学校を1年で辞め、居酒屋、掃除、引越し、テレアポ、販売など様々な仕事を転々としています。

そしてシリアルアントプレナー・家入一真や、ブロガー・イケダハヤトの講演会やホームレス小谷の結婚式をプロデュースするなど、次第にイベントプランナーとしての仕事もするようになります。

さらにその後、政治家への転身へを図るものの選挙3ヶ月前で出馬を取り消し、引きこもり生活をしながらブロガーとして活動するようになります。

ミヤハヤとイケダハヤト (イケハヤ)の関係は?

現在、ミヤハヤ画伯の法人サポーターとしてプロブロガーのイケダハヤト(イケハヤ)がいます。

イケハヤ自身のブログでミヤハヤのことをブロガー時代から評価していたと述べており、芸術家としての活動にも注目しているとのことでした。

またミヤハヤは過去にイケハヤの講演会を主催していたこともあり、つながりのある関係となっているようです。

ミヤハヤ画伯の作品

ミヤハヤは絵画を初めて2年くらいしか経っていませんが、すでに数回個展を開いています。

ですが、素人の絵は、時に面識のない美大出身者から「芸術をまるで分かっていない絵の具の塊」と否定されたり、匿名アカウントの人たちにもたくさん嘲笑されました。
正直、自分の絵をうまいとか優れていると思ったことは一度もありません。

https://camp-fire.jp/projects/view/185551
2019年後期のサポーター募集!画家を応援して目標実現の見届け人になりませんか?

しかし、その画風はあまり周囲からは受け入れられている様子はなく、自分自身でもうまいとは思っていないと思っているようです。

ミヤハヤ画伯の目標は岡本太郎

ミヤハヤ自身の目標は岡本太郎だと述べています。ミヤハヤの色彩などはたしかに岡本太郎の作品群に共通する部分もあるようにも思えます。

岡本太郎とは?

岡本 太郎は日本の芸術家で、シュルレアリスム(超現実主義)や抽象絵画の表現を用いた絵画や彫刻などで知られています。

特に有名なのが大阪万博のシンボルとなった「太陽の塔」で現在でも大阪のシンボルとして保存されています。

ミヤハヤ画伯の芸術活動の動機


ぼくは絵もうまくなければ、もう若くないおっさんだ。
しかし、そんなぼくがアーティストで在り続けることで誰かに勇気を与えれるのではないかとおもった。
そして、それがぼくのアーティストとしての役割ではないかと感じているのだ。

ぼくのアーティストとしての役割。https://www.hayatomiyamori.com/entry/2019/08/23/211745

「アーティストで在り続けることで誰かに勇気を与えられるのではないか」とミヤハヤ 画伯は自身のブログで言及しています。

しかし、芸術活動一本で活躍したいならば自己の市場価値を高めていき、商業アーティストとして活躍するのが本道と言えるでしょう。

いつまでも能力が上がらない、魅力的な作品を生み出せない芸術家の存在は同じ芸術家から怒りを買うことはあっても、勇気を与えることはないと思われます。

また商業的な成功に価値を見出さず、ひたすら芸術作品を作り続ける芸術家がいることも確かです。

しかしそうした芸術家は並大抵ではない意欲によって作品を作り続けており、わざわざ他人から勇気やモチベーションをもらう必要はないのではないでしょうか。

ミヤハヤ画伯の正体

結局のところミヤハヤ画伯の目的は「芸術家という存在になりたい」といった「学生が語る夢」のような甘い気分に支配されたものです。

そして「社会に縛られず自由に生きたい」というテーマはイケハヤ信者と呼ばれるブロガーや、あるいは情報商材業者の宣伝文句に使われる話でもあります。

つまり、ミヤハヤ画伯の正体は芸術家ではなく、「芸術」という定義があいまいなものを、「情報商材」として販売している新しいタイプの「商法商材屋」なのです。

そして今後もミヤハヤ画伯は岡本太郎風の作品やピカソ風の作品など、どこかで見たような「現代アート風の作品」を作るために、今後もクラウドファンディングで資金を集めていくのだと思われます。

ミヤハヤ画伯の目的

自分を実際そうである以上に見たがったり、
また見せようとしたり、
あるいは逆に、
実力以下に感じて卑屈になってみたり、
また自己防衛本能から
安全なカラの中にはいって身をまもるために、
わざと自分を低く見せようとすること、 そこから堕落していくんだよ。

岡本太郎

結局の所、ミヤハヤ画伯は自身の承認欲求と自己実現のためだけにクラウドファンディングを行なっているように思えます。

またミヤハヤ画伯自身もブログでこう述べています。

もし、ぼくがお金を欲しいならアートなんてしてません。
お金を手に入れたいなら、もっと効率のいい方法がこの世の中にはたくさんありますからね。

ぼくが本当に欲しいモノのは「評価」なんです。

https://note.com/hayato_dandy/n/na70b280d3277
ミヤハヤが欲しいのはお金ではなく「評価」である

京都アニメーションへの募金や台風19号への災害募金はそうした自分自身の目的をカモフラージュするために利用しているようにも思え、もしそういう意図なのであれば、かなり卑劣なやり方と言わざるを得ないでしょう。

ミヤハヤ画伯のクラウドファンディングは炎上案件多数で要注意

ミヤハヤ画伯のような自分本位のクラウドファンディングの使い方は過去の例からみても炎上しやすい方法になります。

また、支援金の使用用途があいまいな企画を放置しつづけ、詐欺行為や乞食行為の温床となっているクラウドファンディング・CAMP FIREにも今後批判が集まってくると思われます。

CAMP FIREで挙げられている企画の中には、社会に貢献する素晴らしい企画や新しい製品開発などにつながる企画などもあるため、非常に残念なことです。

CAMP FIRE運営には具体的な詐欺・乞食行為対策を実施し、使いやすく安全なサービスへと変化することを願いたいところです。

最新情報をチェックしよう!