緊張する就職・転職の面接で使えるビジネス会話術3選

面接では頭が真っ白になって用意したことが全く言えないので、もはや何も用意しなくなったゆすやんです。

就職や転職での面接で緊張してうまく喋れない、用意していた質問への答えが頭が真っ白になって言えなかったという経験は、どんな人でも必ず一回は経験したことがあると思います。

そうした失敗をする原因の一つとしては、暗記していたことを定型的に答えようとして、普段の会話のようなリズムが生まれず言葉が出てこなくなることもあるようです。

就職・転職での面接などの緊張した場面でもスラスラと言葉が出てくるために必要なビジネス会話術を今回はご紹介していきます。

結論を先に

就職や転職での面接のとき、面接官側が特にまどろっこしく感じてしまうのは、応募者側が結論がなかなか出てこない話し方をしている場合です。

「御社を志望した動機としましては、まず御社の社員の自主性を重視しているという社風によって新入社員でも新しい仕事に参加しやすくなるという環境が既存のやり方に捉われないでやるという私自身の特徴と非常にマッチすると感じたからであり・・・」

こんな感じで、長く喋れば喋るほどしどろもどろになって支離滅裂になってしまう人がいます。

上記の例文は、結論を先に話すと

「御社を志望した動機としましては、新しいジャンルの仕事に挑戦できると感じたからです。なぜそう感じたからというと御社の社風が社員の自主性を重視していると聞いたからです。私自身の特徴としましても新しいやり方に取り組むほうが好きです。」

となります。

結論→理由→補足というような順番で話した方が話の構造がはっきりするので、まず結論を先に言うことを心がけましょう。

質問や回答は1点に絞る

何か質問はありますか?

はい。3点あるのですが、まず第一に・・・

名探偵かよ・・・

こうした会話のやりとりは就職活動での学生に多いのですが、基本的に質問や回答は1個ずつするようにしたほうがよいでしょう。

「3点あります。まず第一に・・・」という言い方はプレゼンやレクチャーが上手な頭の良い人にありがちな言い回しですが、面接では面接官に「イラッ」とする言い回しの一つです。

「3点あります。まず第一に・・・」というように箇条書きのようにまとめて喋ろうとする話し方は、「言葉のキャッチボール」を拒否して、一方的に喋るサインのような言葉です。

一方的に話してくるような相手とあなたは一緒に仕事がしたいと思えるでしょうか?

相手の言っていることを言い換えて時間を稼ぐ

面接官の意外な角度からの質問に一瞬回答が思いつかない、ということは面接では多々あります。

そういうときは相手の質問を言い換えているうちに時間を稼ぐ、という会話テクニックが使えます。

事務職で希望されていますが、それ以外の部署でも働いてみる気はありますか?
・・・それは例えば営業職とか、製造部門とかで働くというお話でしょうか?(営業職はやだなぁ、でもこの会社は営業職が手薄なのかな?給与面が変わらないならありかもな)

このように相手の質問をおうむ返しではなく、ちょっとずつ言い換えて質問を確認するように聞き返して、その間に自分の考えを整理するというテクニックです。

想定してなかった意外な質問が来ると、ハッとして頭が真っ白になって変な答え方をしてしまうことが誰しもあるものです。

そうしたときに一瞬間をあけて冷静になるのはとても重要なことで、面接官も不意を突かれたときの対応を観察している場合もあります。

就職・転職での面接はお互いの確認作業

面接は本来、お互いの要望や能力、環境などを確認する作業になります。面接側が有利でも応募側が有利でもなく、お互いに対等の立場と言えます。

ですので、一方的に通知・告知するような話し方は基本的にNGで、なるべく言葉のキャッチボールが続いていくように、簡潔に回答したり質問したり、あるいは適度に間を空けたり、ということを心がける必要があります。

面接で何を喋るかと同時に、合間の「つなぎ」をどうするか?というのをぜひ考えてみてください。

最新情報をチェックしよう!