【副業紹介】超低額投資でFXをやってみた⑤

前回の記事ではテクニカルチャートの見方について簡単に触れてきました。

では今回は実際の取引で重要になってくる部分について踏み込んでいきます。

FXの実際の取引

ここからはFXでの実際の取引について説明していきます。

FXでは買い方に2種類の方法があります。それぞれ「買い建玉(たてぎょく)」「売り建玉」と呼ばれています。

「買い建玉」の場合は相場が上昇(値上がり)していけば儲けることができ、「売り決済」することで利益を確定することができます。

「売り建玉」の場合は相場が下降(値下がり)していけば儲けることができ、「買い決済」することで利益を確定することができます。

FXで大事なのは相場の上下を予測することではない

FXをやってみてとりあえずすぐにわかるのは、実は相場が上昇するか下降するかがわからない、ということではありません。

相場の上昇・下降はチャートからおおよその方向性はわかります。ちゃんと見方を覚えれば、どちらに進みそうかというのは大抵の人にはわかると思います。

ではなぜ相場で損する人と儲ける人が出てくるのでしょうか?

それは相場の上昇・下降以外に重要なことがあるからに他なりません。

「損切り」「利食い」のタイミング

実際に建玉(FXの取引を行うこと)をしてみるとすぐにわかるのが、どこで決済すればいいのかわからない、ということです。

買いで建玉して、値段がどんどん下がっているのだけど、どこまで我慢して待てばいいのか?(損切り)

あるいは値段が上がっていって儲かっているのだけど、どのタイミングで決済して儲けを確定すればいいのか?(利食い)

こうした「損切り」「利食い」のタイミングがわからないというのがFX初心者には常に悩みとしてつきまといます。

損切り・利食いのタイミングについては何回も取引を重ねて、経験によってわかるようになるしかないのですが、そのたびに数十万、数百万の損失を出してしまってるようではFXを続けられなくなってしまいます。

そこで損切り・利食いのタイミングを覚えるためにも最初は低額の投資額で取引をすることが重要なのです。

「成行」と「指値」はどちらがいい?

実際に建玉する際、「成行」か「指値」を聞かれます。

「成行(なりゆき)」は注文を入れた時点での価格で買うことです。(実際はタイムラグがあります)

「指値(さしね)」は「〇〇円以下だったら買う」というような値段指定の注文です。

成行か指値の使い分けの判断は結構難しいのですが、今まさに値段が上昇している、または下降しているという状況では成行で注文を入れてしまうと、おもっていたところより高い(安い)値段で買わされてしまうことがあります。

そういった場合は指値で注文を入れて一旦下がった価格を狙って注文を入れていく方が賢い買い方になります。

ただし指値の場合は自分が思っていた価格まで下がって(上がって)くることがなく、建て玉するタイミングを失ってしまうこともあります。

基本は指値で買うことをお勧めしますが、先行き上昇あるいは下降する確率が高い場合は成行で早めに注文を入れていく場合もあります。

ナンピンとは?

もし、買い建玉した瞬間から値段が下がった場合は、どうすればいいのでしょうか?

その場合①値段が回復するまで待つ②あきらめて損切りするという方法が考えられますが、実はもう一つ方法があります。

それが「ナンピン」と呼ばれる方法です。

ナンピンは買った値段よりさらに低い価格で追加して買うことで全体の建玉の平均値を下げて、価格が下降しても損失が少なくする方法です。

値上がりをするまでナンピン買いを続ければ究極的には損をすることがなくなります。(実際には資金に限界があるので無理ですが)

つまり手持ちの資金を全て投入して一度に建玉してしまうのでなく、まず小さく建玉してそれからさがったらナンピン買いしていけばいいのです。

追撃売りとは?

またFXで売り建玉(売りからスタートする取引)をした場合は、相場が下降すれば儲かるわけですが、売りスタートして本格的に下降が始まったらさらに売り建玉を追加することを「追撃売り」といいます。

買い建玉の場合、上がったり下がったりをしながら上昇していく場合が多いので、値段が下がったら買うという「ナンピン買い」が有効な方法なのですが、売り建玉の場合は一気に値段が下がり続けることのほうが多いので、「追撃売り」が有効な方法になります。

ピラミッディングとは?

建て玉を決済して手仕舞いにするときは一気に決済する場合も多いのですが、徐々に決済していく方法もあります。これを「ピラミッディング」といいます。

FXで思惑通り相場が動いていても今決済したほうがいいのか、それとももう少し上がるところまで行ってから決済した方がいいのか迷うことがあります。

また決済することを迷っているうちに徐々に値段が下がってきて儲けが減ってしまうこともよくあります。

そこでこのピラミッディングという手法でもうかってきたら徐々に建玉を決済して、一部の建玉を残しながら一部は利益を確定させていくという方法が取られていくことがあります。

FXは値頃でなく日柄

相場の格言で「相場は値頃ではなく日柄」というものがあります。

相場で重要なのは値段のどこで買うかではなく、いつまでこの上昇(下降)が続くのか、いつから建玉するべきなのか、それを見極めるほうが重要ということです。

つまり、何を買うか(What)、どこの値段で買うか(Where)、どういう方法で買うか(How)といったことはそれほど重要ではなく、いつ買うか(When)が重要になるということです。

買い時、売り時を見定めることができるようになるまで、まずは超低額でFXをしてみたほうが良いと思います。

おすすめFX取引会社

FX取引は元本よりも大きく損をする可能性のある取引です。したがって初心者のうちは低額の投資金、最低単位から始め、実績を作ってから金額の大きい取引に参戦してくほうが失敗の確率が減ります。

ここでは超低額・短期の取引に向くFX会社を選んでみましたので、是非参考にしてみてください。

最低単位1万通貨

FXを始めるなら≪DMM FX≫!

配当相当額魅力!取引所CFD(くりっく株365)ならフジトミ

最低単位1000通貨

MATRIX TRADER

【ヒロセ通商】1000通貨からできるFX

最低単位1通貨

1ドルから始められるFX!最低取引1通貨単位!

最新情報をチェックしよう!