【副業紹介】超低額投資でFXをやってみた③

前回の記事ではどういう人がFXに向くのかを書きました。

では今回は実際に値動きを予測する方法について述べていきたいと思います。

値動きの予測方法は2種類ある

株価やFXなどの値動きを予測する方法にはおおまかにいって2種類の方法があります。

ファンダメンタルズ分析とテクニカルチャート分析です。

それぞれメリットとデメリットがあるので見ていきましょう。

ファンダメンタルズ分析

各種統計を用い、実際の価格と需要に開きがあるかどうかを分析していき値動きを予測する方法です。

FX(為替取引)では各国の政策金利の動向によって値段が上がったり下がったりすることが多いので、政策金利や中央銀行の発言などは非常に注目される指標となります。

政策金利以外にも雇用統計やGDP速報、小売売上高 、消費者物価指数(CPI)、製造業物価指数(PPI)などが注目される指標とされています。

ファンダメンタルズ分析のメリット

ファンダメンタルズ分析のメリットは中・長期の相場の方向性を定める際に非常に役に立つと言えるでしょう。

また緊急の金利政策や経済に大きく影響を当たる事件などが発生したときはそれまでの前提条件や法則性がすべて吹き飛びますので、国際ニュースの動向は欠かさずチェックしておく必要があります。

ファンダメンタルズ分析のデメリット

ファンダメンタルズ分析のデメリットは短期の値動きの予測にはほとんど使えない、ということです。

例えばファンダメンタルズ分析で現在は相場が上昇傾向にあるとしていても、短期的には売買が繰り返されているので、一直線に値上がりしていくわけではありません。

通常は上昇局面でも上がったり下がったりを繰り返しながら上がっていくのが普通ですので、上昇途中の上がり下がりをファンダメンタルズ分析は細かく説明することはできません。

テクニカルチャート分析

もうひとつの予測方法としてテクニカルチャート分析というものがあります。

テクニカルチャート分析とは為替や株価の値動きをグラフ化した「チャート」というものをもとに予測する方法です。

テクニカルチャートには「ローソク足」「移動平均線」「MACD」などがあり、それぞれ見方を覚えることで相場が上昇するか下降するかを予測することができます。

テクニカルチャート分析のメリット

テクニカルチャート分析のメリットとしては比較的短期の予測に強いということが挙げられます。

また国際的なニュースや統計をいちいち調べなくても、おおよその値動きの見当はつくのでテクニカルチャートの見方を覚えてしまえばすぐに取引に入りやすくなります。

テクニカルチャート分析のデメリット

テクニカルチャートの見方は通常のグラフと違い、独特のものになるので見方を覚える必要があります。

また、長期の値動きの予測にはそれほど役に立たず、突発的な国際ニュースなどによる値動きも予測できない傾向にあります。

情報はチャートに織り込まれている

私ゆすやんは、基本的にはチャート9割、ファンダメンタルズ1割というくらいの割合で見ています。

なぜならテクニカルチャートにはファンダメンタルズによる予測がすでに織り込まれて反映されている、と考えるからです。

また最初のうちはテクニカルに頼らないと方向性を決めにくいというのも現実問題としてあります。

各種経済指標や国際ニュースはいいようにも悪いようにも捉えられるので、最初のうちは値動きを予測するのが困難です。

今回は数千円からの超低額投資ということで、経験を積むことが目的なので短期取引が中心です。

おすすめFX取引会社

FX取引は元本よりも大きく損をする可能性のある取引です。したがって初心者のうちは低額の投資金、最低単位から始め、実績を作ってから金額の大きい取引に参戦してくほうが失敗の確率が減ります。

ここでは超低額・短期の取引に向くFX会社を選んでみましたので、是非参考にしてみてください。

最低単位1万通貨

FXを始めるなら≪DMM FX≫!

配当相当額魅力!取引所CFD(くりっく株365)ならフジトミ

最低単位1000通貨

MATRIX TRADER

【ヒロセ通商】1000通貨からできるFX

最低単位1通貨

1ドルから始められるFX!最低取引1通貨単位!

最新情報をチェックしよう!